歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

空隙歯列(くうげきしれつ)


【空隙歯列(くうげきしれつ)とは】

 

空隙歯列(くうげきしれつ)は一般的に“すきっ歯”とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が生じる歯並びを指します。


何らかの原因によって、顔面・顎・歯列などの形や位置、機能に異常をきたし、正常な噛み合わせができなくなる“不正咬合(ふせいこうごう)”の一種であり、歯科学的には奥歯や歯全体に隙間がある場合を“空隙歯列(くうげきしれつ)”、前歯の間に隙間がある場合を“正中離開(せいちゅうりかい)”と分類します。

 

※ここに、空隙歯列と正中離開の違いがわかる画像を挿入します

 

永久歯が生え揃う前の子どもの歯並びにも、よく同様の隙間が見受けられますが、これは乳歯よりも大きな永久歯が綺麗に生えてくるために必要な隙間になりますので、心配する必要はありません。


逆に、幼少期に歯と歯の間に全く隙間がない場合の方が問題と言えます。
将来的に永久歯が生えてきた時のスペースが充分に確保できなくなり、叢生(そうせい)になってしまう可能性が高まるためです。

 

※ここに、子どもの正常なすきっ歯の画像を挿入します

 


【空隙歯列(くうげきしれつ)の症例~正中離開(せいちゅうりかい)】

 

空隙歯列(くうげきしれつ)は、その隙間の生じ方によって、大きく三つのタイプに分類されます。

前歯に隙間があるタイプ
歯全体に隙間があるタイプ
奥歯の間が広いタイプ

 

※ここに、それぞれのすきっ歯の様子がわかる画像を挿入します

 

中でも、前歯に隙間があるタイプは“正中離開(せいちゅうりかい)”と呼ばれ、“すきっ歯”の中でも比較的多い症例です。


隙間があると食べ物が歯に挟まりやすいため、丁寧な口腔ケアをしないと虫歯や歯周病のリスクが高まるだけではなく、隙間から息漏れが生じることで正しい発音が難しくなります(特にサ・タ・ラ行)。


また、正中離開(せいちゅうりかい)の場合、口を開けると正面に隙間が位置するため、見た目もあまり好ましいとは言えず、審美的な面から矯正を希望される方が多くなります。

 


【空隙歯列(くうげきしれつ)の原因】

 

空隙歯列(くうげきしれつ)の原因は多岐に渡りますが、基本的には顎の成長と歯の大きさのアンバランスによって引き起こされ、親からの遺伝的要素が関係している場合もあります。


不正咬合のひとつである叢生(そうせい)が、顎の大きさよりも歯が大きくなることで生じるのに対し、空隙歯列(くうげきしれつ)の場合は、逆に大きな顎と小さな歯が要因になるのです。

 

そして、もうひとつのケースが、上唇にある上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼ばれる歯茎と唇をつなぐ小さなスジの位置に問題がある場合です。


この上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、何らかの原因で前歯と前歯の間に入り込んでくることがあり、このとき上唇小帯(じょうしんしょうたい)のスジの付着が強いと前歯と前歯がくっつかず、正中離開(せいちゅうりかい)を引き起こすのです。

 

他にも空隙歯列(くうげきしれつ)の原因として、以下のようなものがあげられます。

歯の本数が不足している
指しゃぶりや舌のクセ、口呼吸などの悪癖
舌が大きい、舌の位置が低い
前歯と前歯の間に“過剰歯(かじょうば)”と呼ばれる歯があり、妨げになっている
※過剰歯(かじょうば)は顎の骨の中に埋没していることもあります。

 


【空隙歯列(くうげきしれつ)の改善方法】

 

空隙歯列(くうげきしれつ)を改善させるには、

矯正による方法
セラミックの差し歯による方法
ラミネートベニヤによる方法

 

という3つの方法があり、空隙歯列(くうげきしれつ)の原因や口腔状態によってベストな治療方法は異なります。

 

症状が軽い空隙歯列(くうげきしれつ)の場合は、歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックの付けツメのようなもの(シェル)を貼り付ける“ラミネートベニヤ法”を使って隙間を埋めるケースが多く、なんといっても短時間で治療可能な点が大きなメリットです。


程度によっては一度の通院で治療を終えられる場合もあります。
また、隙間と同時に歯並びや歯の形も治したい場合は、“セラミッククラウン法(差し歯)”での治療が可能です。

 

※ここに、ラミネートベニヤ法やセラミッククラウン法で治療した様子(ビフォーアフター)がわかる画像を挿入します

 

しかし、ラミネートベニヤ法やセラミッククラウン法は短期間での治療が可能な反面、補綴物を使って隙間を埋めることで、前歯が大きくなってしまうというデメリットがあります。


歯の大きさと前歯の突出具合によっては、出っ歯に見えてしまうケースもあるので、元々ある前歯と周りの歯の大きさとのバランスが重要になってきます。

 

こうしたデメリットを回避するためには、矯正での治療がおすすめです。
空隙歯列(くうげきしれつ)の矯正は、部分的な矯正で完了するケースと、全体的な矯正が必要になるケースに分かれます。


ラミネートベニヤ法やセラミッククラウン法に比べれば時間がかかるといった側面もありますが、程度によってはマウスピースを用いた目立たない方法での治療も可能です。


また、空隙歯列(くうげきしれつ)の矯正治療で抜歯をすることは多くありませんので、自然な歯がそのまま残り、元の歯の大きさも変わらないといったメリットがあります。

※ここに、矯正で治療した様子がわかる画像を挿入します

無料相談・お問い合わせはこちら