歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

過蓋咬合(かがいこうごう)


【過蓋咬合(かがいこうごう)とは】

 

過蓋咬合(かがいこうごう)とは歯を噛み合わせた際に、上の前歯が下の前歯を覆い隠すように著しく深い噛み合わせになってしまう症状を指します。

 

通常、理想の噛み合わせでは、下の前歯の上部3分の1~4分の1程度が、上の前歯で覆われるのがベストと言われています。
しかし、過蓋咬合(かがいこうごう)の場合は、下の前歯がほとんど見えないほど隠れた状態になっていることも多いのが特徴です。


そのような症状が重いケースになると、下の前歯が上の前歯の後ろにぶつかって歯茎を傷め、炎症を引き起こしてしまう場合もあります。

※ここに、過蓋咬合の様子と理想の噛み合わせを比べた画像を挿入します

 

また、過蓋咬合(かがいこうごう)では下顎が奥に押し込まれるため、噛み合わせに不具合が生じる症例の中でも、特に顎の関節への負担が大きいと言われており、顎関節症(がくかんせつしょう)など実際に何らかの症状を抱えている患者さんが多くいらっしゃいます。


上顎前突(じょがくぜんとつ)叢生(そうせい)の症状を伴うケースが多いのも、過蓋咬合(かがいこうごう)の特徴のひとつです。

 


【過蓋咬合(かがいこうごう)の原因】

 

過蓋咬合(かがいこうごう)の原因は、大きく分けて2つあります。

 

①顎の関節と骨格に問題がある場合

 

上顎が長い
下顎が小さい
歯を支える骨が未熟

 

こうしたアンバランスな顎の骨の成長が、過蓋咬合(かがいこうごう)には大きく関係しています。
また、顎の関節の位置が通常よりも後ろにある場合は、顎先の筋肉が下顎を後方に押し出してしまうため、過蓋咬合(かがいこうごう)が起こりやすくなると言われています。


②歯に問題がある場合

 

虫歯や歯周病で奥歯を失った
奥歯の高さが足りない
前歯が過剰に伸びている
早い段階で乳歯を虫歯で失った

 

奥歯には噛み合わせの際に大きな負荷を受け止める役割があります。
その奥歯を失ったり、歯そのものの高さが足りないと、歯全体にかかる負荷のバランスが崩れるため、前歯への負担が増して噛み合わせが深くなります。


また、早い段階で乳歯を失うと、正しい位置での永久歯への生え変わりに支障が出るため、その後の噛み合わせにも悪影響を与えてしまいます。


【過蓋咬合(かがいこうごう)のリスク】

 

過蓋咬合(かがいこうごう)の症状をそのままにしておくと、以下のようなリスクが生じます。

 

①顎関節症(がくかんせつしょう)を発症しやすい

 

前述したように、過蓋咬合(かがいこうごう)は噛み合わせに不具合が生じる症例の中でも、特に顎の関節への負担が大きいと言われているため、“顎関節症(がくかんせつしょう)”に繋がるリスクが高まります。


顎関節症(がくかんせつしょう)になると、口を開けたときに引っかかりを感じる・関節から異音がするなどの症状が出始め、それが進行すると強い痛みを伴います。

 

また、顎関節症(がくかんせつしょう)はストレスや筋肉の緊張、骨格・靱帯・関節等の脆さから引き起こされる場合もあります。
そのため、男性に比べてそうした症状に敏感な女性の方が発症しやすいと言われており、注意が必要です。


②歯茎の腫れ・炎症を引き起こす

 

過蓋咬合(かがいこうごう)で前歯の噛み合わせに不具合が生じると、食事の際に食べ物を上手く噛み切ることが難しくなる上に、下の前歯が上の前歯の歯茎に強く食い込むため、痛みを覚えることもあります。


食い込みがひどくなると、歯茎の腫れや炎症が起こり、食事はもちろん日常の会話にも支障をきたすなど、様々な弊害が生まれます。

 

※ここに、過蓋咬合で歯茎に傷を負ってしまった患者さんの口内画像を挿入します

 

【過蓋咬合(かがいこうごう)の改善方法】

 

過蓋咬合(かがいこうごう)を改善するには、矯正のみで治療よる方法と、矯正と外科手術を併用する方法に分かれます。


いずれの方法にしても、過蓋咬合(かがいこうごう)は若くて抵抗力のあるうちは自覚症状がほとんど無い上に、時間の経過と共に噛み合わせが深くなっていく傾向にあるため、早い段階での発見・治療が必要です。


①矯正のみによる治療

 

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正装置で奥歯の高さを正しながら前歯を歯茎側に動かし、前歯の噛み合わせを浅くしていく方法です。

 

※ここに、ワイヤー矯正装置と、ビフォーアフター画像を挿入します

 

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

歯の裏側に矯正装置を取り付けて歯を動かす方法です。
表からは装置が全く見えませんので、矯正治療中に口を開けても周囲の人に気づかれる心配はありませんが、ワイヤー矯正装置に比べて治療期間が延びる場合があります。

※ここに、舌側矯正の装置と、ビフォーアフター画像を挿入します


②矯正と外科手術を併用する治療

 

顎の骨格自体に問題があったり、顎関節症で顎の位置が大きくずれている場合には、まず矯正による歯の移動を行い、その後、外科手術によって噛み合わせを改善させていきます。
そして、術後にもう一度矯正装置を使用し、最終的な噛み合わせの調整を行います。
顎関節症の症状がある過蓋咬合(かがいこうごう)のケースでは、通常の矯正治療だけでは充分な改善効果が得られない場合があるのです。

無料相談・お問い合わせはこちら