歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

大人の矯正


【大人の矯正の目的】

 

“歯列矯正”とは、読んで字の如く“歯列の不正を正す”治療行為を指します。

※矯正前と矯正後の写真を横並びに挿入します

 

 

歯列の乱れは噛み合わせの悪さ不正咬合を招き、噛み合わせの悪さは私たちの身体 に様々な悪影響を及ぼします。頭痛・腰痛・肩こりなど、何気ない普段の生活で感じる 不快な症状の数々は、実は噛み合わせの悪さから引き起こされている可能性があるのです。

※頭痛・腰痛・肩こりに困っている患者さんのイラスト画像を挿入します

 

 

矯正治療ではそうした問題点を、“正しい噛み合わせ”によって改善していきます。 そのため、本来であれば患者さんの世代や年齢によって、治療の意味や目的が変わることはありません。

しかし、対象者が大人(成人)であった場合はこれに限らず、多くの方は “審美的な面での改善”=“見た目の美しさ” を望んで治療に訪れているという事実があげられます。

 

“目は口ほどに物を言う”ということわざがありますが、日常では逆に“口は目ほどに物を言う”ような場面に遭遇し、「もっと綺麗な口元だったら…」と苦い思いを経験された方も少なくないのではないでしょうか。

 

それほどまでに口元(歯並び)の美しさというのは、その人の見た目はおろか内面さえも印象付ける重要なファクターになっているのです。受け口・出っ歯・八重歯など、お口に関わる悩みは人それぞれで多岐に渡りますが、多くの方は矯正によってそうしたコンプレックスを克服し、より前向きな自分になることを望んでいます。

 

「大切な人といる時はもっと自然に笑っていたい」 「明るい笑顔で自信をもって人に接したい」 大人の矯正は、そうした純粋な気持ちを後押ししてくれるのです。

 

 

【子どもの矯正との違い】

 

前述したように、“歯列の不正を正す” という矯正本来の目的が、世代や年齢によって変わることはありません。

しかし、実際の治療過程においては大人特有の身体的理由により、子どもの時期に行う矯正とは異なる処置を施すケースが存在します。そもそも矯正という治療では、口内に装着した装置による“歯の移動”によって歯列を正していくのですが、大人と子どもでは、歯の根と歯を支えている骨の間で生じる組織変化の反応(矯正力)に違いがあるため、反応が早い子どもに比べて大人の歯の移動には時間を要する場合があるのです。

 

また、既に成人を迎えた大人の顎では今以上の成長が望めないため、顎の骨の改善を必要とする症状(歯並びを整えるための抜歯等)の場合には、外科的矯正治療を行うこともあります。

 

※外科的矯正治療が必要だとわかるような、歯並びの参考画像を挿入します

 

 

【大人の矯正におけるメリット】

 

矯正を希望される方が大人である場合、そのメリットはなんといっても、治療に際して“金銭的な制約を受けにくい”ということです。金銭的な制約が少ないということは、それだけ希望通りの矯正に専念することが可能になり、長期的になりがちな通院・治療による精神的負担の軽減にも繋がります。

 

また、大人の場合は受診される段階で歯や顎の成長過程がほぼ完了しているため、発育途上にある子どもに比べて治療計画が立てやすいというのも、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

【大人の矯正におけるデメリット】

 

金銭的な制約が減少し、治療計画が明確になる反面、大人は公私共に時間的な制約が増していきます。そのため、より短い期間で治療を終えたいと望む方が多くなります。

 

しかし、前述しように大人は子どもに比べると組織変化の反応(矯正力)が遅いため、歯の移動に時間を要する場合があり、結果的にそれが治療期間を長引かせる要因にもなり得るのです。

 

また、大人の矯正では、一度生え揃った歯列を改善して噛み合わせを正すため、顎の関節(顎関節)へ負担を強いる可能性が生じます。

 

 

【大人の矯正で使用する装置と特徴】

 

歯を移動させるために大人の矯正で使用される装置には、大きくわけて6つのタイプが存在します。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、矯正医と相談の上、ご自身の歯の状態と希望に沿った矯正装置を選ぶことが大切です。

 

矯正装置というと一昔前までは、ギラギラと銀色に光る金属を歯の表面に装着させる物がほとんどでした。 実際にそうしたイメージを持たれている方も多いと思います。

 

しかし、現在では矯正装置も大きく様変わりし、見た目的にも優れてより自然な装着感を持つ物が開発されています。

 

 

  金属ブラケット 審美ブラケット セルフライゲーションブラケット 
特徴

 歯の表面に、銀色をした金属製のブラケットを装着する。「矯正」と聞いて一般的に多くの方がイメージされるのがコレ。

 歯の表面に、白や透明な目立たない非金属のブラケットを装着する。目立ちにくいが、表側につけるため見えなくなることはない。

 歯の表面に装着する装置のひとつ。ワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減させたことで痛みの緩和や効率的治療が可能とされる。

メリット

金属製のため耐久性があり、様々な不正咬合の治療を可能にする。
装置の費用が安価なため、治療費を抑制できる。

金属ではないため、アレルギーを持つ人でも安心。
様々な不正咬合の治療を可能にする。

ワイヤーとブラケットの摩擦力低減で、痛みがあまりない。
今までの装置より歯が動きやすいので、通院回数も減る。

デメリット 装置の色が目立つ
装置自体の大きさが、他の装置よりあるため、見た目的な装着感が大きい。
金属ブラケットよりも費用が高い。
金属ブラケットに比べてやや強度が劣る。
歯の表面に装着するこれまでの装置より費用が高い。
装置のサイズが大きい。

 

 

 

 

 

  裏側矯正 ハーフリンガル矯正 マウスピース矯正
特徴 歯の裏側に装着するため目立ちにくいが、特殊装置のため、担当する歯科医師にはある程度の技術と経験が求められる。 歯の表と裏の矯正を併用した方法。上あごの歯は裏側に、下あごの歯は表側に装置を装着する。 自分で取り外し可能な透明で薄いマウスピース型の装置を使って歯を移動させる。ワイヤーやブラケットは使用しない。
メリット 目立ちにくいので治療中であることが悟られにくい。
表側に装着する装置より、虫歯になりにくい。
舌先で歯を押す癖(舌癖)が治りやすい。
上あごの歯は裏側に装着するため、目立ちにくい。
下あごの歯は表側に装着するので、舌先が当たらず発音しやすい。
裏側矯正より安価。
ワイヤーやブラケットを使用していないので装着感が高く、発音しやすい。
透明で薄いマウスピースのおかげで、気づかれる心配がほとんどない。
デメリット 装着感に慣れるまでに時間を要する。
発音しにくい場合がある。
歯の表面に付ける装置より費用が高い。
歯の表面だけに装着する矯正に比べて費用が高い。
担当する歯科医師にはある程度の技術と経験が求められる。
装着時間が決められていて、正しく装着する必要がある。
歯の表面に付ける装置よりも、治療可能な症状に限度がある。

 

 

 

 

【矯正歯科と審美歯科の違い

歯並びの見た目を美しくしたい。

「それなら審美歯科でしょ!」
単純にそう考える方もいらっしゃるかと思いますが、矯正歯科と審美歯科には以下のような明確な違いがあるため、治療方法や特徴によってどちらを選ぶか判断する必要があります。

 

 

 

矯正歯科 審美歯科
治療法 口内に装着した装置によって歯に一定の力を加えることで歯を移動させ、歯並びを整える。 現存の歯を削り、そこへ人工の歯(セラミック)を被せることにより、歯並びを整える。
主な特徴

歯並びと噛み合わせを同時に改善できる。
治療期間に数年を要する。
自分の健康な歯をそのまま活かすことができる。

噛み合わせの改善は不可。
治療期間が短くて済む。
健康な歯も大きく削らなくてはならない。
歯の神経を抜くこともある。
治療期間 2~3年 数回(通院のみ)
耐久性 自分の歯をそのまま使っているため、口腔状態やケア次第では一生もの。 人工歯のため年月の経過と共に、色味の違いや破損、時には施術のやり直しが生じることもある。

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら