歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

全部見てもらえて便利


あゆみ歯科が選ばれている理由~一般歯科も対応しているので、全部見てもらえて安心~


突然ですが、“8020(ハチマルニイマル)運動”という活動をご存知でしょうか?
8020(ハチマルニイマル)運動とは、 1989年(平成元年)から厚生省(現厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という活動です。

 

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、私たちの健康を保つためのバロメーターとしても必要不可欠な存在であるため、日々のお手入れが大事になってきます。
しかし、年齢を重ねると共に、お口に関する様々なトラブルに悩まされる方は非常に多くなります。
そこには、日常のお手入れだけではなかなかお口をケアしきれないという、厳しい現実があるのです。

 

ですが、ご安心ください。
そうした際に強い味方になってくれる頼もしい存在が、歯科医院です。
歯科医院の役目は、虫歯や歯周病といったお口に関するトラブルを治療することだけではありません。
歯科医院は、お口のトラブルを未然に防ぐ“予防歯科”を行う場としての役目も非常に大きいのです。

 

確かな技術と豊富な経験・実績から多くの方に選ばれている『あゆみ歯科クリニック』では、歯列矯正はもちろん、“一般歯科”においても定評があり、高い信頼を得ています。

あゆみ歯科クリニックの一般歯科では、“虫歯と歯周病”を中心に、お口に関するトラブル全般の予防と治療を行います。

 


治療は基本的に、極力抜歯を避けてご自分の歯を残す方法で進めていきます。
安心・納得して頂けるよう充分な治療説明をしたのち、様々な分野の経験・知識・技術を生かし、心を込めて確実な治療を行い、患者さんが豊かで快適な生活を送れるようお手伝いいたします。

※ここに、虫歯と歯周病の症例画像を掲載します。

 

そうした取り組みのひとつとして、あゆみ歯科クリニックでは、治療の際の痛みを極力痛抑えた“無痛治療”にも積極的です。


小さい頃に、痛みを我慢しながら辛い治療を強いられたり、体を押さえつけられての半ば強引な治療を受けたために、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を抱いてしまった方は多いと思います。
そうした方は、大人になってからも歯医者に対して強い嫌悪感を持ち続けることが多く、虫歯や歯周病になっても治療をためらうケースがほとんどです。

 

あゆみ歯科クリニックでは、全ての方に「また来たい」と思って頂ける歯科医院を目指すため、“表面麻酔”“電動式麻酔”などを用いた可能な限り痛みと不安を和らげられる治療に取り組むと同時に、“MI(ミニマルインターベーション)”と呼ばれる、なるべく歯を削らない治療法を導入しています。

 

歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑えるために、出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、出来るだけ生まれ持った歯を残して、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしたMI(ミニマルインターベーション)は、2000年に『国際歯科連盟』によって提唱されて以来、多方面で大きく浸透している治療法です。

 

しかし、中にはどうしても「麻酔自体が恐い…」「回転する器具で削られるのはいや…」「あの“キーン”っていう音に耐えられない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
あゆみ歯科クリニックではそうした方に、麻酔もしなければ歯を削る必要もない、“カリソルブ”という薬品を使った全く新しい虫歯の治療法をおすすめしています。

 

カリソルブはスウェーデンで開発された、虫歯を溶かして除去するためのお薬です。
カリソルブの優れている点は、専用のインスツルメントを用いることで虫歯に感染した歯質のみを柔らかくし、感染部位のみを除去するということです。
健全な歯質には作用しませんので、健康な組織を保存し、非浸襲的な治療を行うことが可能になります。


しかし、カリソルブを使った治療に関しては厚生労働省の指導により、保険診療の適応外となりますのでご注意ください。

※ここに、カリソルブの画像を挿入します。

 


また、あゆみ歯科クリニックでは、高齢者の方にいつまでも美味しく・楽しく食事をして頂くために“入れ歯”の治療と噛み合わせの調整にも力を入れています。
現代の高齢化社会に合わせた治療計画も、あゆみ歯科クリニックにお任せすれば安心です。

※ここに、入れ歯の画像を挿入します。

 

私たちのお口には、通常28本の歯が生えています(親知らずを含めた場合は32本)。
ある新聞社の報告書によると、80歳で20本以上の歯が残っている方と、4本以下になってしまった方を比べた場合、1年間の医療費(体の治療代)がトータルで11万円以上も違うという驚きの調査結果が報告されています。


ご自分の歯を守るということは、健康を守ると同時に医療費の抑制にも繋がるわけです。
お口のケアのスタートは、早ければ早いほど効果的です。
言うならば、乳歯が生え始めた赤ちゃんの段階から既に始まっているものとお考えください。
有意義な老後を送るためにも頼れる歯科医院と二人三脚で、あなたも今日から8020(ハチマルニイマル)運動をスタートさせましょう。

無料相談・お問い合わせはこちら