歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

上顎前突(じょうがくぜんとつ)


上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは】

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は一般的に“出っ歯(でっぱ)”と呼ばれ、下顎の前歯に比べて上顎の前歯が前に出ている噛み合わせの状態を指します。


日本人で“出っ歯”の悩みを抱える人の多くは、上顎前歯の前方傾斜によって上顎前突(じょうがくぜんとつ)になっており、歯並びの矯正を希望される患者さんの中でも比較的多い症例のひとつになります。


症状が重いケースになると、噛み合わせても上顎の前歯と下顎の前歯が当たらず、歯肉を咬んでいる状態の場合があります。

※ここに、上顎前突(じょうがくぜんとつ)の様子がわかる画像を挿入します

 

 

【上顎前突(じょうがくぜんとつ)の症例】

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)には、大きく分けてふたつのタイプがあり、症例によって“アングル1級”“アングル2級”に分けられます。

 

①アングル1級


上顎と下顎の位置は正しいが、上顎の前歯だけが前に出ているケース。

※ここに、アングル1級の様子がわかる画像を挿入します

 

②アングル2級


上顎前歯の位置は正しいが、下顎が後退しているため、上顎が出ているように見えるケース。

※ここに、アングル2級の様子がわかる画像を挿入します

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は単独で発症するとは限りません。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)に“叢生(そうせい)”が伴うケースや、上顎前突(じょうがくぜんとつ)に“開咬(かいこう)”が伴うケースなども存在します。

 


【上顎前突(じょうがくぜんとつ)の原因】

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)に大きく影響を及ぼしているのが、“遺伝”です。
遺伝とは親から子どもへと形質が伝わるものですので、親が上顎前突(じょうがくぜんとつ)の場合には、症状に深い関係がある“顔の骨格”や“歯の大きさ”といった遺伝子情報がそのまま子どもに引き継がれ、発症する可能性が高まってしまうのです。

 

また、一方で上顎前突(じょうがくぜんとつ)は、以下のような“後天的要因”によっても引き起こされます。

 

 

①アングル1級(上顎の前歯が出ている)の場合


小さい頃の“指しゃぶり”や、“おしゃぶりの使用”などは、後天的要因の典型と言えます。
長時間指をしゃぶったり、舌や唇で何かを噛み続けていると、前歯には歯を前方に押し出す力が常に加わってしまうため、上顎前突(じょうがくぜんとつ)になりやすくなります。


泣き止まない赤ちゃんのために、おしゃぶりを与えるお母さんも多いと思いますが、将来的な“出っ歯”を防ぐためにも、長時間の使用が常態化しないように注意しましょう。

※ここに、指しゃぶりやおしゃぶりの影響で上顎前突(じょうがくぜんとつ)になっている様子がわかる画像を挿入します

 

②アングル2級(下顎が後退している)の場合


アングル1級のケースとは逆に、下顎を後方へ押し出すような力が常に加わるような習慣を続けることによって、下顎が後退していきます。
日常的に“頬杖をつく癖がある”という人がこれに該当するため、注意が必要です。


また、鼻炎になどによる鼻づまりで普段から口呼吸をしている場合や、噛み合わせの悪さ、さらには上顎が叢生(そうせい)になっているなどの影響でも、上顎前突(じょうがくぜんとつ)は引き起こされます。


 

【上顎前突(じょうがくぜんとつ)の改善方法】

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)の症状は状態によって部分的、あるいは全体的な矯正治療によってその大部分を改善できます。

 

上下の全体的な矯正
前歯と奥歯で理想的な噛み合わせにすることが可能。

部分矯正(前歯のみ)
上下の全体的な矯正の3分の1程度の費用で矯正が可能。

上顎だけの矯正
部分矯正では治療できない範囲の矯正が可能。

コルチコトミーの併用


通常より歯を早く動かすために顎の骨にスジを入れる外科手術“コルチコトミー”を歯列矯正と併用することで、一般的には2年ほどかかる歯の移動期間を、最短で12ヶ月は短縮可能なため、トータル的な治療期間も大幅に短くできる。

 

※ここに、コルチコトミーの様子がわかる画像を挿入します

 

子どもの場合は、上顎の成長を抑えることでも対応できますが、大人の場合は上顎の奥の小臼歯を抜いて歯の移動スペースを確保し、歯の周囲の骨の形から変化を促すのが一般的です。


しかし、稀なケースとして上記の方法でも矯正が困難な場合(上顎が矯正の範囲を超える大きさ等)は、外科的手術によって上顎のサイズダウンを図ることもありますが、ほとんどの上顎前突(じょうがくぜんとつ)は矯正治療のみで改善することができます。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)の矯正では、どうしても前歯の状態に目を向けがちですが、実際には前歯だけではなく、奥歯も前にずれているケースがほとんどです。


そのため、上顎前突(じょうがくぜんとつ)の矯正は、最終的に“正しい噛み合わせ”を得ることが大きな目標になるのです。

 

“出っ歯”の症状を抱えていると、常に口が半開きのような状態になり、顔の全体的な表情にも影響を及ぼします。
多くのケースでそれは、本人にとって大きなコンプレックスにつながります。
綺麗な口元から生まれる大きな自信は人との距離を縮め、コミュニケーションを円滑に進めさせてくれることでしょう。


一人で悩みを抱える前に、先ずは矯正医に相談してみることをおすすめします。

無料相談・お問い合わせはこちら