歯並びなら八幡・枚方・京田辺の、あゆみ矯正歯科センターまで

あゆみ矯正歯科センターでは、八幡市、京田辺市、枚方市から
歯並び無料相談を受け付けています

無料相談はこちら 無料相談はこちら

開咬(かいこう)


【開咬(かいこう)とは】

 

開咬(かいこう)は“オープンバイト”とも呼ばれ、上下の歯を噛み合わせた時に、奥歯をきちんと噛みしめたにも関わらず前歯が開いたままの状態になる症状です。


何らかの原因によって、顔面・顎・歯列などの形や位置、機能に異常をきたし、正常な噛み合わせができなくなる“不正咬合(ふせいこうごう)”の一種になります。

 

開咬(かいこう)には、上記のような前歯が開いたままになる“前歯部開咬”と、逆に前歯は閉じても奥歯が開いたままになる“臼歯部開咬”があり、開咬(かいこう)とは一般的に、前歯が開いたままになる“前歯部開咬”を指すケースがほとんどです。

 

※ここに、前歯部開咬と臼歯部開咬の違いがわかる画像を挿入します

 

ちなみに、開咬(かいこう)は比較的若い人たちに多い症状で、12歳~20歳までの10人に1人が発症、もしくはその傾向にあるという厚生労働省の発表がなされています。

 


【開咬(かいこう)の原因】

 

開咬(かいこう)の原因は、大きく三つのパターンに分類されます。

 

①幼少期の癖が原因になっているパターン

 

乳歯が生え揃い始める幼少期に、長時間哺乳瓶を加えたままにさせたり、日常的におしゃぶりを使用するなどの“悪習癖(あくしゅうへき)”が常態化していると、徐々に前歯が動き開咬(かいこう)になってしまいます。


また、親指を前歯で噛むような“指しゃぶり”や、舌先を歯で噛む・舌先で歯を押し出すといった癖(舌突出癖)などがある場合も同様です。

※ここに、悪習癖が原因の開咬画像を挿入します

 

②呼吸器系の疾患が原因になっているパターン

 

鼻炎や蓄膿症などで鼻づまりが常態化していると、普段から口で呼吸をする癖がついてしまいます。


口呼吸は、唇や口腔内の筋肉のバランスを崩したり、舌の位置に狂いを生じさせてしまうため、開咬(かいこう)につながりやすくなります。
「最近は口呼吸の子どもたちが増えている」という報告も、開咬(かいこう)の子どもたちの増加と深い関係があるのです。

 

③遺伝的な問題が原因になっているパターン

 

開咬(かいこう)の悩みを抱えている人の中には、特徴的な顎の形をしている人が多数見受けられます。


開咬(かいこう)は骨格的な問題から引き起こされることも多々あり、特に顎の骨が下方に成長してしまうようなケースだと、症状が現れやすくなります。
そのような骨格の場合、親から受け継いだ遺伝的要素が原因になっている疑いが強くなるのです。


開咬(かいこう)に限らず歯列や顎に関する問題では、親からの遺伝的要素が原因と考えられる症例が少なくありません。

 

※ここに、開咬の特徴的な顎の形の画像を挿入します

 

 

【開咬(かいこう)のリスク】

 

開咬(かいこう)は見た目の審美的な問題だけではなく、放っておくと身体の様々な障害に繋がるリスクが高まります。

 

①顎の骨や関節を痛めてしまう

 

前歯が開いているため、物を噛む時に奥歯だけに必要以上の負担がかかって顎を痛めてしまい、顎関節症(がくかんせつしょう)を招く場合もあります。

 

②胃腸障害や嚥下障害を引き起こす

 

噛み合わせが悪さから食べ物をうまく噛み砕くことが難しくなるため、胃腸への負担が増してしまい、消化不良などの症状を起こしやすくなります。
また、開咬(かいこう)になると舌の位置に狂いが生じこともあるため、物をうまく飲み込めなくなる嚥下障害(えんげしょうがい)に陥る危険性もあります。

 

③発音障害が起きやすい

 

歯並びの不揃いで大きな隙間が生じるため息が漏れやすく、言葉の正しい発音が難しくなる場合があります。

 

④虫歯や歯周病になりやすい

 

口呼吸が常態化することで口の中が乾きやすくなり、虫歯や歯周病といったお口の問題を引き起こす細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

⑤ウイルス性疾患にかかりやすくなる

 

口呼吸をすることで、風邪やインフルエンザといった菌が直接咽頭へ付着し、ウイルス性の疾患にかかりやすくなります。

 


【開咬(かいこう)の改善方法】

 

開咬(かいこう)の治療は一般的に、奥歯(小臼歯)を抜くことで歯を動かすスペースを確保して矯正を行いますが、患者さんの年齢や口腔内の状態によっても治療方法は異なります。

 

①永久歯が全く生えていない乳歯列期(主に5歳以下)

 

指しゃぶりなどの癖(悪習癖)が原因の場合は、先ずその癖を止められるような指導を行い、経過によって取り外し可能な装置を使用します。

 

②永久歯が数本生えている混合歯列期(主に6歳~10歳くらい)

 

歯の傾きや顎の発育、バランスなどを改善する方法と合わせ、悪習癖(あくしゅうへき)を止められるような指導を行い、部分的な固定式装置や取り外し可能な装置を使用します。

 

③全て永久歯が生え揃った永久歯列期(主に11歳~25歳くらい)

 

全体的な歯並びや噛み合せを治療する方法と、部分的に気になる箇所だけを治療する方法に分かれます。


開咬(かいこう)の原因・程度にもますが、全体的な治療を行う場合は、ブレースと呼ばれる矯正装置を使用します。

 

④大人の成人矯正の場合(主に20代後半~)

 

成人矯正の治療法や使用する装置は基本的に③のケースと同じですが、事前に虫歯や歯周病のチェックと治療を重点的に行う必要があります。


多くの人は20代後半に差し掛かると、生活習慣の影響で歯周病発症のリスクが高まる上に、歯周病のままだと充分な矯正効果が得られないためです。

無料相談・お問い合わせはこちら