期間について

矯正を初めて、歯医者に通う必要はあるの?

矯正を始めると月に1度の調整があります。矯正がきちんと進んでいるか、痛みがないかなどを確認していきます。ワイヤーが当たって口内炎ができていないか、ブラケットの交換やワイヤーを交換してワイヤーを太くして歯の移動量を多くしたり、マウスピース矯正では新しいマウスピースに交換したりします。小児ではネジをきちんと回せているか、きちんと装置を装着しているか、痛みはないかなど確認したりしていきます。

また3か月に1度歯の定期健診を行って、歯磨きがきちんとできているか、虫歯や歯周病がないかを確認していきます。ブラッシング指導や超音波を用いた清掃を行って定期的に状態を確認していきます。

自己流のブラッシング方法ではいくら時間をかけても汚れを落としきることはできません。時間をかけて丁寧に磨いていても歯周病や虫歯になってしまう人はもしかしたら磨き方が悪いのかもしれません。ドクターや歯科衛生士に磨けていないと指摘をされたことはないですか。「磨いている」と「磨けている」は全くの別物です。心当たりのある人はもしかしたらブラッシング方法が違うのかもしれません。

歯並びに合わせた適切なブラッシング方法をレクチャーしていきます。歯ブラシの握り方、しっかり磨いてほしいとこ、歯への当て方、力の入れ具合など細かく丁寧に説明していきます。染色液を用いて実際に磨けていない場所を視覚的に確認することもできブラッシング技術の向上になります。また、おすすめの物販なども紹介していきます。歯ブラシはもちろん他に歯間ブラシやフロス(糸ようじ)も併用していくことを勧めていきます。

①歯と歯茎の境目が磨けないと
歯茎からの出血、腫れがおきる。炎症が起き歯周病になりやすい

②矯正の器具回り
歯の表面の初期う蝕(脱灰)。汚れが歯に残ったままだとなりやすい

③歯間やワイヤーの下
プラークが除去されず虫歯や口臭の原因になる

疑問や不安など、お気軽にご相談・お問い合わせください! 歯並び矯正無料相談 随時受付中! お気軽にどうぞ!
疑問や不安など、お気軽にご相談・お問い合わせください! 歯並び矯正無料相談 随時受付中! お気軽にどうぞ!
  • メールからご予約・お問い合わせ
  • お電話からのご予約・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る